責任と義務
2015 / 09 / 12 ( Sat ) 01:33:22
このたびの記録的な豪雨により被害に遭われた方々に
心よりお見舞い申し上げます。

P1070678(1).jpg

とらくま家地方は 幸いにも大した被害もなく
困ったことと言えば
お散歩どうしようかっ とか
洗濯物が乾かないぞっ くらいの些細なこと 
P1060804.jpg

TVで流れるニュース映像 
心が 痛みます。

屋根の上に 愛犬とともに一緒に登って
救助されたご夫婦がいらっしゃいましたね。
P1060792.jpg

助かって本当に良かった 

ニュース映像を見ながら
「そっか~、袋を持ってるとあんなふうに役に立つのね」 とか
「でも、ウチの子たちおとなしく入ってくれるかな?」とか
「その前に屋根に一緒に登ってくれるかね?」 
などと頭の中で思いをめぐらせていました。

しかし 何より大事なこと
私は イザという時に ああいう判断ができるだろうか 

P1050352.jpg


東日本大震災の日は 自宅に居ました。

震える はな&さらを抱きしめ 
揺れが治まるのを待ちました。

揺れが治まり始めた頃 リードをつけて
それぞれの手で はな&さらのリードを握りしめて

外に出る? 出ない? って頭の中でぐるぐる考えていました。

幸いにも 家が崩れることもなかったので
みんな無事でいられたのですが

今回の豪雨のように逃げ場を失ったり
先々月の飛行機事故のように
考える間もないほどの 危機に見舞われた時
どのように この子たちを守ったら良いのだろう 
P1020057(1).jpg

災害=地震 って どこかで思いこんでいたみたい。

でも それだけじゃないんだと 
当たり前のことに 気が付きました。

P1090299.jpg

この 穏やかな日々を 守りたい
P1090282(1).jpg
P1090283(1).jpg
P1090284(1).jpg

安心して眠ることができる日々を 守りたい
P1090292(1).jpg

けれど 人間の力ではどうしようもできないこともある

でも あきらめるわけにはいかないんです。

だから できることはやなくちゃ 

どうすれば 脅威に向き合い やりすごすことができるのか

そして うまく 危機を乗り越えたとしても
そのあとに続くであろう 不自由な日々について
できるかぎりの準備をしておけるのか
 
P1090286.jpg
私はその責任を負う義務がある

この子たちの一生を必ず守ると約束したのだから

考えろ!!考えろ!!

P1020609(1).jpg
ごはんはぜったい忘れないでね!!   おやつもだじょ


行方不明の方々が 早く見つかりますように
被害に遭われた方々が 1日も早く 心穏やかに過ごせますように
被災地の動物たちが 1日も早く 安心して眠れますように

スポンサーサイト

わんこ CM:2 admin page top↑
<<変顔りゅう君 * HOME * さらちゃん復活>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  NoTitle

犬を助けたことに批判もあるようで、それについても心が痛いです。
シンプルに助けられたからよかったでいいじゃん!とも思いますけどねえ。

極限の中で究極の選択をしなければらない時もあるのかもと怯えます。
でもそうならないために、考えます。

避難所生活が無理そうな子のために車を買い替えた人もいます。
今回のように車が流されたらだめですが、考えられることを最大限考えて守らなければ・・。
あっうちは守らなければならないおじいさんもいるんだっけ(笑)
完全に人は後回しだ~(笑)
by: yukari11 * 2015/09/12 10:17 * URL [ *編集] * page top↑
  Re: NoTitle

yukari11 様

そうそう「助かってよかった~」でいいじゃないですかね。
その上で、自分ならどうする?
自分たちの力でできることもっとなかっただろうか?って考えればいいのにね。
きっとこれが平常時なら「助けてくれてありがとう」って美談になって、
異常時には「人間が優先だから見捨てて当然」っていうのは、なんだかなぁ・・。

人間ちっちゃくなっちゃダメですよね。

それにしても、ついついワンコにだけ目がいっちゃいますね(笑)
私も夫や両親のこと全然考えてませんでした~(爆笑)

by: とらくま * 2015/09/12 16:20 * URL [ *編集] * page top↑
* HOME *