えっちゃんの日
2017 / 05 / 12 ( Fri ) 00:00:10
ココニャンカレンダーで 5月12日は えっちゃんの日です

P1150620.jpg


某センターに会いに行った時 

ココニャンさんの募集写真も可愛かったけど 
実物はもうホントに可愛くて 可愛くて
おっとり ぽわぁ~んとした 女の子らしい女の子 

P1100659.jpg
人間だったら男子がほっとかないタイプよね


何をされても お口が出ることもなく (文句は言ってたけど 

お世話しやすいというより ついお世話したくなるような おばあちゃんワンコさん 

P1120060.jpg


寝顔がまた可愛いんだなぁ 

P1120239.jpg


おブスの顔も愛しいけれど 

P1130839.jpg


少し大変だった介護生活も 今になってみれば楽しい日々 

P1130878.jpg


えっちゃんのこと 今でも ぎゅぅーって抱きしめたくなる
えっちゃんの肉球 プニプニしたーい 


あれから5カ月
思い出に昇華されるには もう少し時間が必要かな


ねぇ えっちゃん 虹の橋の向こう側で幸せに暮らしてますか?

P1150623.jpg


うふっ うちの子達ってば 美犬ぞろいだこと (自画自賛  )

P1150668.jpg
P1150667.jpg

みんな 仲良くしてるかな?



とらちゃんは無理かもなぁ・・・・



スポンサーサイト

えっちゃん CM:0 admin page top↑
1周年そして旅立ち
2016 / 12 / 23 ( Fri ) 16:48:12
昨年の12月 我が家の一員になった えっちゃん

あれから 丸1年たちました 

P1100660(1).jpg

ふわふわ ぬいぐるみのように可愛くて

性格は 穏やか はなまるな おばあちゃん 

食欲旺盛 好き嫌いはちょっとあり 

P1100934.jpg


病院でも イイ子だね~と ほめられて

身体検査も 意外なほど良好と 感心されて 

P1100967.jpg

足腰は まだまだ丈夫 

ゆっくりゆっくり 自分のペースで
くるくる くるくる まわっておりました 

P1110023.jpg

4月には 大きな手術を乗り越えて

周囲がびっくりするほどの 回復力を見せてくれました 

P1110047.jpg

どんどん減っていた体重が
はじめて V字回復してくれた時は 嬉しかったなぁ 

P1110081.jpg

だんだん足腰が弱ってきて

P1110144.jpg

自分で立ち上がることが難しくなったけど
自分の足で歩くことを あきらめなかったね

P1110190.jpg

その時は 正直言うと 大変だったんだけどね 

P1110194.jpg

いつの間にか 寝ている時間が多くなり

P1110340.jpg

ごはんも どんどんペースト状になっていったけど

P1110586.jpg

食欲旺盛なのは 相変わらず 

P1110803.jpg

3ワン プラスワン が当たり前になったころ

あの痙攣発作が起きました 
 
P1110846.jpg

もうダメかもと あきらめた私を あっさりと裏切り

君は 生きることを選んでくれた  

P1110925(1).jpg

驚くほどの 超省エネモードだったけど

P1120150(1).jpg

しなやかな 力強さを 漂わせながら

P1120240.jpg

何度も 何度も 命の危機を 乗り越えて 

P1130129.jpg

こんな時間が ず~っと続くんじゃないのかな と思ったりもした 

P1130773.jpg


けれど

永遠は やっぱりないわけで




1年と 10日

日付が変わった頃

そっと 静かに  旅立ちました 

P1140398.jpg

お昼すぎに いつものように ごはんを食べたあと

そのまま 眠り続け

目覚めることなく 天国へ旅立ちました

P1140400.jpg

翌日 いろいろお世話になった 
ほたるママさんから いただいた綺麗なお花と一緒に 

お別れしました 



最初から 長く一緒に居られないことは 承知の上

自身の 寂しさや 喪失感の 対処の仕方は 心得てたのだけど



棺が閉められた時の 突き上げてくる哀しみだけは

対処の仕方がわからない ・・・・・・


いつまでたっても ふにゃふにゃ柔らかい えっちゃんの身体を

不思議に思い

葬儀屋さんにお尋ねすると

「きっと 痛いとか そんな思いをまったくすることなく
すぅ~っと 息を引き取ったからではないでしょうか」

と言っていただいた 


・・・ありがとうございます


役目を終えた肉体から 魂がす~っと抜け

虹の橋の向こうへ 行くことができたのなら

きっと幸せだったに違いない 


P1110292.jpg

えっちゃん 大往生だよね 



最後まで 理想の生き方を貫いた えっちゃん

可愛くて かっこいい おばあちゃん 

あなたに会えて 良かった

我が家に立ちよってくれてありがとう 


とら くま れでぃさん  

えっちゃんのこと よろしくお願いします 


2016年 12月 20日 永眠

享年 大往生




応援してくださった皆様 ありがとうございました

感謝をこめて  


えっちゃん CM:10 admin page top↑
模様替え
2016 / 10 / 25 ( Tue ) 20:45:03
えっちゃん おかげさまで 一歩一歩回復しています。

流動食をシリンジでお口に入れてあげるのですが
力強く ごくごく飲んで 毎回完食してくれます 


時折 起き上がるようなそぶりを見せますが
自力で立ち上がることは難しく
支えてみても ぐらぐら 安定しないので しんどそう 

いつか また立ち上がれる日が来てくれるといいな・・・


しばらくは 寝て過ごす時間が長くなりそうです。



そこで えっちゃんのお部屋の模様替えをすることに 


お布団を製作しておりますが・・・

りゅう君 代わりにお試し中 

P1140064.jpg


人間用の洗える枕を使って ロングクッションを2つ作ります 

それを並列にならべて お布団にしました。

P1140067.jpg

このお布団は 先代犬 くまちゃんの介護時に 
同じ向きでも寝かせて続けても (くまちゃん 絶対に反対向きには寝なかったから 
6か月は床ずれができなかったのよ

多少デコボコしているのは 中綿を他の用途に使って 戻したため

仕上がりはイマイチだけど タオルをかぶせてしまえばわからないもんね 
  


床ずれを防ぐには 寝返りをまめにしてあげると良いのだけれど

わんちゃんには それぞれ好きな向きがあるので

反対に反して寝かせようと思っても うまくいかないことも多いのですよね。

P1140068.jpg

ちなみにえっちゃん コッチが好き 


P1140079.jpg

お薬が効いて熟睡しているときなら 反対側でも OKでした 


P1140091.jpg

手持ちのお洋服に お袖もつけて 肩と肘を守ります 
(100円ショップの もこもこ靴下を利用)


以上 とらくま流 床ずれ対策でした 




やっぱり ドーナッツ枕も作っておこうかな 

 

えっちゃん CM:2 admin page top↑
生きる力
2016 / 10 / 22 ( Sat ) 22:26:09
  備忘録として 


それは何の前触れもなく起こりました

晩ごはんを食べ終わった わんこたちは
思い思いの場所で 惰眠を貪っておりました 


突然 悲鳴にも似た 鳴き声が・・・

えっちゃんでした


激しい痙攣を起こし 呼びかけにも反応はありません 


今まで1度だけ 痙攣を起こしたことはありましたが
その時は 5分ほどで落ち着きました

でも今回は その時とは明らかに様子が違う

慌てて病院へと向かいました


担当医がすぐに診察・処置をしてくださったものの
痙攣はなかなか治まらず・・・・。

「たぶん 脳腫瘍があるのだと思います」 とのこと。


最終的には かなり強いお薬と 麻酔で押さえてくださいました。

それでも まだ小さな震えは残っています。

本来であれば このまま入院して 点滴&麻酔で処置を続けるとのこと 

しかし、お世話になっている動物病院は 夜間不在になってしまいます。

このまま意識が戻らずに亡くなってしまう可能性もある 


「本当はこんなことはしないのですが」 と前置きをしたうえで

家で処置する方法も考えてくださいました。

こちらも 当然 このまま心臓が止まってしまう可能性があります。

でも、どちらにしてもリスクがあるなら 家に連れて帰りたいと先生にお願いしました。

P1140053.jpg

お薬が効いているので だら~んとしていますが
痙攣は かなり治まってきています。

P1140054.jpg

でも 意識はありません。

P1140056.jpg

痙攣発作が起こったら、あらかじめ取ってくださった静脈(黄色い包帯の部分)に
注射(麻酔薬)を打ちます。

眠らせることで 脳の興奮をおさえていくのだそうです。


注射10回分 と 発作止めの座薬 

これだけあれば大丈夫だろうと用意してくださったのですが
(それだけ 発作が大きく重篤なものだったのです)


幸いなことに 午前1時に 1回打ったたけで済みました。



翌朝 りゅう君の キャンキャン騒ぐ声に反応があり
なんとなく意識が戻ってきたみたい (でかした りゅうのすけ 

しかし、8時ころ再び痙攣が始まったので 2回目の注射 

P1140057.jpg

注射をうつと すぅ~っと眠りに落ちていきます。


午後 再び病院へ連れて行き 脳圧を下げる処置をしてもらいました。

脳圧を下げるために 利尿剤を使うというお話だったので
脱水にならないか心配だと伝えると
皮下注射でゆっくり水分が吸収されていくようなものがあるからと
そちらの処置もしてくださいました。

その後は 昨夜と同じように 
痙攣が起きたら 注射を打って眠らせるという方法で 治療を続けます

(このような痙攣発作の場合 3日間は眠らせる治療をするのだそうです。)


発作から3日目 

痙攣はかなり落ち着いているし CT検査で頭の中を診たいとのこと。

原因が脳腫瘍のせいなのかを確認して 今後の治療方針を決めたいからというので

脳圧を下げる処置 及び CT検査&血液検査で 日帰り入院となりました。

P1140059.jpg

主のいないサークルは 寂しい ・・・ 


夕方お迎えに行って 検査の結果を伺うと

予想に反して? 「そんなに悪くない」 

脳の委縮 と 脳室の拡張 は見られます 

そして 脳腫瘍は あるにはあるのですが
造影剤をいれてやっと見えた 小さなものでした。

血液検査も 確かにあれもこれも良くない数値ではあるものの 

「でも、そんなに悪い状態ではないんだよね~ 
治るわけではないけれど 食欲さえでてくれれば
このまま低空飛行でいけるかも。
治療も 今までの麻酔で眠らせる治療から 
飲み薬の治療にかえましょう
流動食も出しておくね。」

もうダメかも と 覚悟を決めた3日前には
こんなに回復するとは まったく予想もできませんでした

 「えっちゃん 何か すごいね」  と 先生と私 


その夜 カロリーエースを 1/2缶飲んでくれました

飲ませたら お腹がキュルキュル動き出してました 



発作から 4日目の朝

流動食(a/d缶)を まずは1/4ずつ

P1140070.jpg

ゴクゴクいってます 

P1140072.jpg

完食しました お見事 

P1140066.jpg


お掃除隊も待ってます 

P1140061(1).jpg

いつもの日常がもどってきたね


えっちゃん 本当に生命力の強い子です
 
小さな痙攣はありますし 油断はできませんが
ひとまず峠は越えたようです。



ご心配をおかけしましたが 

えっちゃん まだまだとらくま家にいてくれるんだって  

省エネモードで 低空飛行だけど とっても強いえっちゃんです 


ここまでお付き合いくださって ありがとうございました。






えっちゃん CM:6 admin page top↑
バリアフリー
2016 / 06 / 27 ( Mon ) 15:16:52
えっちゃんは 1日のほとんどを ケージの中で過ごしています。

そのお部屋は 60cm×180cmの長方形 

P1100860.jpg
(我が家に到着 1日目の様子)


この中を 寄りかかりながら ゆっくり歩いています 

P1120611.jpg
角にくると ちょっと休憩 

そして 思い出したように 方向転換して 再び歩き出します


でも、最近 この角が上手に曲がれなくなりました 

P1120979.jpg
前にしか進まんのよ 転んだら起きられないのよ  


ならば、 この角をなくしてしまいましょう   


というわけで

サークル形に 模様替え 

P1130118.jpg


周囲にぶら下がっている タオルですが
 
寄りかかって歩くため どうしてもお目目の横が擦れてしまうのです。

風通しは悪くなるし 中の様子が見えにくいのですが

いたしかたないかと。

少しでも和らげばいいなぁと 以前よりぶら下げています。


今回 このタオルの間にプチプチ(緩衝材)も入れてみました 


ちなみに よくあるワンコ用のベッドは 現在は使っていません。
目の見えないえっちゃんは へり(?)の部分につまずき転倒してしまうので
でみるだけ段差のできないものの方がベストです
そもそも ベッドのあるところに うまく倒れ込むとは限らないので 

今は バスマット使ってます。
最近のものは とってもふわふわしてるし
じゃぶじゃぶ洗えて 乾きも早い 


枕(?)も作りました 

P1130117.jpg



えっちゃん バリアフリー仕様だよ 

どうでしょう?

P1130121.jpg

P1130122.jpg

なかなか いいカンジではないの 


P1130126.jpg

あっ また
P1130128.jpg


だから これはねぇ・・・ 

P1130129.jpg
やめれって 

P1130127.jpg
アン?


えっちゃん サークル形にしてから ほとんど転びません
上手に歩いてますよ 

P1130138.jpg
まだまだ 寝たきりばあさんには ならないもんね


えっちゃん 絶好調 




ほんの少しの違いなのに その結果は大きく違う

「年だから」の一言で 決めつけたり 諦めたり

人間側の取るに足らない都合で 言い訳したり 躊躇したり


今までどれだけの思い違いをしてきたんだろう 


先代わんこたちに 申し訳なかったなぁ。


とても大切なこと

えっちゃんに いろいろ教わっています 

P1120820.jpg
しっかり 修行するんだよ~


は、はい よろしくお願いします 


プチプチは 少しウルサイ?かも・・・ 

でもおかげで えっちゃんの動きが よく聞こえるのです 



えっちゃん CM:2 admin page top↑
* HOME * next